地震で亡くなられた方々のご冥福をお祈り致しますとともに、

被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

一日でも早い復旧、復興を心よりお祈り申し上げます






以前のブログは


そうじ〔住育が好き〕
http://gomigomi.at.webry.info/














オススメ
オーガニック通販
オーガニック生活便

アムリターラも通販してます
楽天ポイント貯まります











無料で本を読む


日本最大級国内図書館蔵書横断検索サイト

カーリル

↑蔵書を検索して下さい







中古で安く本を読む


マーケットプレイスは1円で本が買えます(送料250円)



ブックオフオンライン
ブックオフオンラインは1500円以上全国送料無料




ネットオフ&イーブックオフは1500円以上全国送料無料



中古書籍販売 通販ショップの駿河屋
駿河屋は1500円以上全国送料無料
















電子書籍をレンタルする




電子貸本Renta!は48時間100円でコミック1冊〜読めます







無料で雑誌を読む



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ


Fujisanは雑誌のオンライン書店です
タダ読み!2000冊以上の電子雑誌が読み放題
















捨てずにリユース








月額980円が無料
楽曲数4000万曲以上です







2011年10月08日

「病気が治る鼻うがい健康法」という本がとっても良いです
























Amazonで見る

送料無料




画像提供 Amazon






楽天ブックスで見る

送料無料




画像提供  楽天ブックス







「病気が治る鼻うがい健康法」のレビュー



Amazonのレビュー
楽天ブックスのレビュー











関連書籍









Bスポットについてわかるブログ




「息育と足育で万病退散!「みらいクリニック」院長 今井一彰」
よくわかる最新療法 病気が治る鼻うがい健康法
http://miraiclinic.livedoor.biz/archives/51574644.html




「浅嶋耳鼻咽喉科医院」
Bスポット療法について
http://www.asjm.com/b_spot_01.html





「kyupinの日記 気が向けば更新 (精神科医のブログ)」
不登校と鼻咽腔クロールチンク塗布療法
http://ameblo.jp/kyupin/theme-10003682678.html




「不定愁訴に苦しんだ20年」
第6章 その他の治療法・まとめ
Bスポット療法】
http://www.geocities.jp/abedra820/CIRYOU/C6.htm





「はぎの耳鼻咽喉科」
治療について
http://www.haginojibika.com/about_treatment_nose.html














「病気が治る鼻うがい健康法」という

2011年3月に発売された本を読みました





その本には




咽頭痛

アトピー性皮膚炎

掌蹠膿疱症

潰瘍性大腸炎

ネフローゼ症候群

IgA腎症




という病気が良くなった患者さんが

紹介されてました



皆、慢性上咽頭炎を治療したそうです




↓引用始




1960年代に

鼻咽腔炎と全身諸疾患

の関連について、



堀口申作

東京医科歯科大学耳鼻咽喉科教授を中心に

数多くの報告がなされたこと、



肩こり、鼻咽腔違和感、鼻閉、

胃部不快感、便不整、めまいなどは

鼻咽腔炎が関与する

ひとくくりの「鼻咽腔症候」と

みなすことができること、



上咽頭は生物の胚(誕生の前の状態)

の発生について

研究する発生学的に見れば、

内胚葉からできていて、

空気の通り道である気道の一部

であると同時に、

胃や腸などと共通の性格をもっている

可能性があることを知りました。




ちなみに、内胚葉とは内側の細胞層で、

発達して消化管の主な部分を形づくります。

一方、外胚葉とは外側の細胞層で、

ここからは

主に皮膚や神経系、感覚器などがつくられ、

鼻腔は外胚葉からできています。






また、堀口氏が、鼻咽腔炎治療は



自己治癒能力

(薬などを使わずとも、

人間が本来もっている力で病気を治す能力)を

向上する医療である

と、考えていたことも同時に知りました。






この考えは、

私のこれまでの臨床経験に

照らし合わせても

実に腑に落ちるものでした。



と同時に、

なぜこれほどまでに

重要な事実が

広く世の中に受け入れられずに

霧散してしまったのか

ということに興味を覚えました。









上咽頭炎とは何か




上咽頭炎には



1、急性上咽頭炎と

2、慢性上咽頭炎があり、



一般的に認識されているのは、

風邪をひくことで生じる1の急性上咽頭炎です。







〜略〜







多くの医師は上咽頭の炎症というと

急性上咽頭炎の状態を考えます。




しかし、堀口氏が報告した鼻咽腔炎は

2の慢性上咽頭炎のことで、

急性上咽頭炎とは異なるものです。







〜略〜








2の慢性上咽頭炎が起きる原因として、

私は


1、ウイルスや細菌などの感染、

2、自律神経による影響


の2つを考えていますが、

大事なことは、

この慢性上咽頭炎は

抗生剤や抗菌剤などでは

治せない炎症である

ということです。






〜略〜






なぜ慢性上咽頭炎には

抗生剤や抗菌剤が効かないのでしょうか?





その理由は

人間の免疫システムが

大きく関わっています。




↑引用終







アンチエイジングのサイトとか見ると

これからは、

抗酸化作用に加えて、

抗炎症作用

抗糖化作用が健康の元だと載ってます




本の中に

「動物性タンパク質、脂肪の過剰摂取と

野菜不足が慢性上咽頭炎を悪化する」

と載っていました





どんな病気にも

食養生は重要だと思いました








本に載ってた会社




「アダバイオ(AdaBio)」
「ミサトール」
http://www.adabio.co.jp/index.html




「グローバルアイ」
「プレフィア微酸性電解水」
http://globaleye-yamagata.jp/medic/prefia.html
























【関連する記事】
posted by ハムちゃん at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 統合医療・代替医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック